こんな車を売りたい場合は?記事一覧

狭い国土の日本において、これだけの自動車が縦横無尽に走り回っている現状を見れば、どこかしらでその自動車同士がぶつかってもおかしくありません。いわゆる交通事故というものですがここ最近はいろいろな自動車の安全装備の技術向上や法整備、道路整備によって少なくはなってきていますが、依然として死亡事故に至るような激しい交通事故が起こっています。交通事故が起こる人間が死亡したり、傷ついたりするのと同様に自動車も...
自動車の価値を決めるのは、どれだけ新車の状態に近いかというものが基本的な考え方になっています。それによって走行距離が限りなく新車状態に近いか、車全体の傷みがどれだけないかということで基本となる価値が決まるわけです。従って、走行距離が短ければ短いほど、状態がきれいであればきれいであるほど高い金額で買い取られているのが当たり前となっているのです。しかし、中にはそういった概念を覆すことがあります。それは...
車で道路を走っているともはや物置になっているようなところにホコリまみれになっている車が止まっているところを見かけることがあります。中には古い車として人気のある車であったりして、「もったいないなぁ」なんて言葉をつぶやいてしまうこともあります。車検が切れているのか、故障して動かすことができないのか分かりませんがこういったいわゆる不動車は場合によってはお宝となる場合があります。不動車にはこういった理由以...
ここ最近の日本の自動車業界は1990年前後のパワー競争からバブル崩壊による安値競争、2000年代後半から始まった低燃費競争とミニバンブーム、そして現在の安全装備競争とさまざまな性能を特化するような車ばかりが作られてきました。そういった車の中で、10年前の車というとちょうど安値の車が作られていた時期からハイブリッドカーなど低燃費車両が作られるようになるちょうど過渡期にあたる車です。その当時に車は安さ...
自動車の技術は日進月歩、コンピューター業界の進歩ほどひどいものではありませんが、新車で買った車が1年後には時代遅れの車になってしまうこともあるぐらい、目まぐるしい進歩をしています。こういった背景の中で10万キロ以上も走っている車の価値は極端に下落し、もはや廃車寸前と取られることもあるくらいです。確かに法律的にも自動車は6年で価値は「0」になり、10万キロ走行車ともなると生産から平均して10年以上た...
最近の車はどんどん価格が上昇しており、軽自動車でもなんだかんだ言って200万円程度のお金がかかるなどという話はもはや当たり前となってしまいました。そのような高価な商品を買うのに現金でポンと買える方はほとんどおらず、たいがいの人は自動車ローンというものを利用して買うことが多いと思います。しかし、自動車ローンを使って車を買うというのは正しい言葉ではなく、自動車ローンを払ってそのローン会社や銀行などから...